ロゴ

work hard

志望動機を書くのが苦手な人でも一気に書きやすくなる構成

志望動機の構成

勉学

書きやすい構成

志望動機で好印象を与えやすい構成は、「結論→企業の志望理由→入社してやりたいこと→決意」です。様々な書き方がありますが、この構成で書けば話がまとまりやすく、好感が得られる志望動機を書きやすいです。

結論を最初に書く理由

志望動機の場合は、最初に結論を書くのが鉄則となっています。最初に結論を書くことで、何を言いたいのかを1番最初に伝えられます。

結論に達した理由を掘り下げる

結論の次は、企業の志望理由を書きます。なぜその結論に達したのかを、自分の経験や考えを交えながら詳しく書きます。どの企業にでも通用するような志望理由は、NGです。その企業でなければならない理由が、伝わるようにしっかり書きましょう。

効率をアップさせるおすすめ勉強方法BEST5

no.1

薄い参考書を使う

大学受験の対策として、分厚い参考書を最初に購入する人は多いですが、場合によっては逆効果になります。その理由は、分厚い参考書だと、やりきるまでに長い時間がかかってしまうからストレスが溜まってしまうのです。薄い参考書なら、すぐに1冊をやりきることができるので、達成感を感じられモチベーションもアップします。

no.2

同じ問題を何度も解く

知識を定着させるためには、繰り返し何度も行なうことが重要になります。同じ問題を何度も解くことによって、忘れない知識を身につけられるようになります。

no.3

なるべく家で勉強しない

家で勉強しているという人は多いですが、テレビやゲーム、漫画など家には誘惑が多いため意外に集中しづらい場所です。塾に通っている人は自習室で勉強し、塾に通っていない場合は、図書館や喫茶店などで勉強したほうが効率的。

no.4

自宅の壁を有効活用する

英単語などの記憶しなければならないものを、トイレやお風呂、部屋の壁などに張るという勉強方法です。生活の中で、自然に目に入るので、いつでも勉強できる状態になります。

no.5

リフレッシュをする

1日中勉強をしていると、集中力が続かなくなり、勉強が頭に入ってこなくなる場合があります。それを乗り切るためにも、リフレッシュをすることが大切です。おすすめのリフレッシュ方法は、違う教科をやることです。教科によって脳の使う部分が異なるので、リフレッシュになり、頭にも入りやすくなります。