ロゴ

work hard

三段落構成で小論文を書いてわかりやすくまとめよう

小論文の書き方を身に付けよう

就活を成功させるためにも、小論文の書き方はしっかり身に付けておくことが大切です。ここでは、上手に小論文をまとめる方法について説明します。

三段落構成で小論文を書く

原稿用紙

三段落構成で書く

小論文が苦手な人は、「序論」「本論」「結論」の三段落構成で書きましょう。序論では、問題提起を行ない、自分の考えの方向性を示します。

問題提起の根拠

第2段落の本論では、問題提起に対する自分の考えの根拠を、調査や分析によってわかった情報をもとに書いていきます。

結論の書き方

第3段落の結論では、本論で書いた自分の考えの根拠をもとに、自分の主張を書いてまとめます。字数配分は、序論15%、本論70%、結論15%が最適です。

文章の内容以外にも気を遣う

文章の構成や内容だけではなく、外面的な構成にも気を遣うことが大切です。最初の書き出しや改行の時は、行のはじめを1マス開ける、文章は丁寧に書く、などの外面的な構成にもしっかり気を遣うと読みやすくなります。

読解力を身につける

上記の方法を知って、実践をすれば、苦手な人でも書きやすくなるでしょう。文章を書くことだけではなく、テレビのニュース番組を見る、新聞を読む、などをして読解力を身につけることも大切です。